交通事故 [事例9]

治療延長後、後遺障害14級にて470万円獲得した事例

30代男性
主な症状損害賠償額
頚椎捻挫、腰椎捻挫 470万円

背景

高速道路上での追突事故です。
Aさんは、保険会社から治療打ち切りを言い渡されていました。まだ治療を受けたく、治療延長交渉をお願いしたい・その後の適切な賠償を求めたいということで、ご相談にいらっしゃいました。

対応

治療中からのご依頼です。
医療照会後、治療打ち切りを打診されたところからのスタートでしたが、症状などを踏まえて交渉した結果、治療期間を半月の延ばすことが出来ました。半月でも、慰謝料などが一定程度増額できることになります。

また、高速道路での追突ということもあり、後遺障害についても適切に手続きを行った結果として、無事に14級を獲得することが出来ました。

その上で交渉したところ、当初はあまり良い回答をしてきませんでしたが、粘り強く交渉を継続した結果として良い結果が出ました。

結果

半月の治療延長成功、後遺障害14級を獲得。
休業損害・逸失利益等満額、慰謝料については9割超の金額にて示談を締結することが出来ました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-310-220 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-310-220
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ