交通事故 [事例10]

70代男性、無職|後遺障害14級にて賠償金約250万円獲得

70代男性
主な症状損害賠償額
足関節骨折等 76万円→約250万円

背景

Aさん(原付)が丁字路交差点を直進していたところ(Aさんが走行していた道路が優先道路)、左方から右折してきた加害車両(四輪車)に衝突された事故です。

治療が終了し相手方保険会社から損害賠償額の提示があった段階で、提示金額が妥当かどうか、弁護士に依頼することにより増額の見込みがあるかどうか、また、後遺障害申請について知りたいとのことでご相談いただきました。

対応

過失割合については判例タイムズの基本過失割合10:90(被害者:加害者)で特に争いはなく、後遺障害等級が認定されるかどうかが損害賠償額増額の重要ポイントでした。

ご相談いただいた時点で、治療終了・症状固定から1年近く経過していたが、まだ後遺障害診断書を作成してもらっていない状況だったので、まずは主治医に後遺障害診断書を作成してもらうところから開始しました。

結果

後遺障害等級認定の審査にはかなり時間がかかったのですが、14級9号の認定を獲得できました。
相手方保険会社との示談交渉では、最終的に、傷害慰謝料及び後遺傷害慰謝料につき、赤い本基準の95%で合意することができました。

結果、最終的な賠償金は250万円近くになりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-310-220 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-310-220
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ